ウェブサイトのアクセス解析はしていますか?アクセス解析のメリットとは?

こんにちは!

代表の吉本です。

本日から社長ブログという形で、ブログを更新していこうと思います。

初回のお題は「アクセス解析」についてです。

あなたの運営するサイトではアクセス解析を行っていますか?

弊社では新規のサイト制作やサイトリニューアルを行う際、要望があればアクセス解析の設定を行うようにしていますが、そういった要望をされることはほとんどないのが現状です。

弊社としては特に問題はないのですが、閲覧されているかどうかわからないと、作った意味がないなあと思ってしまったり・・・

というわけで本日はホームページのアクセス数を取得するメリットについて簡単に解説します。

目次

アクセス解析ツールでわかること

まずアクセス解析をするにはアクセス解析ツールを利用します。

ツールは有料のもの、無料で使えるものなど様々ですが、弊社では最も一般的に利用されている無料で使えるツール、グーグルアナリティクスを利用しています。

グーグルアナリティクスを使えば主に以下のことがわかります。

  • 全体的な閲覧数
  • ページ単位での閲覧数
  • 流入の経路(検索なのか、広告なのかなど)
  • おおよそのユーザー属性(年齢や性別、地域、PCやかスマホかなど)

これらを集計することで、自分のサイトにちゃんと人が訪れているか、狙っているターゲット層をしっかり集客できているかなどがわかります。

アクセス解析の一例

実際に弊社のコーポレートサイト(まさに今ご覧頂いているサイト)のアクセス数を見てみましょう。

期間は8月1日から8月末日まで。

全体のユーザー数は707ですから、1ヶ月で707人の方が訪問したことになります。

弊社の運営するサイトとしては最も少ないですが、弊社のような小規模のBtoBの会社で、通常事務所に1ヶ月で700人も訪問者が来ることはない、と考えるとそれほど少ないとも言えないかもしれませんね。

では次に実際に閲覧されているページを見てみます。

一番アクセス数の多いページはある程度質の良い2000~3000文字程度の記事を書く方法で、月間約280回閲覧がされています。

次いでトップページが約230回、その次は会社情報になっていますね。

ちなみに10日ほど前に作成した「代表及びスタッフブログ」というページは15回ほど閲覧されており、これは何もしないわけにはいかないなと思ったため、このブログをスタートさせました。

今日まで閲覧されてもこの状態でした・・・

アクセス解析を入れれば今後の方向性がわかる

ホームページ制作関連の要望としては、

「デザインをよくしたい」

「他社に負けないサイトにしたい」

「わかりやすい、みやすいサイトにしたい」

といったものが多いですが、その前に見られていなければ全く意味がありません。

始めから全く閲覧されていないサイトをリニューアルしてかっこよくしても、残念なことに閲覧者は増えないんですよね。

アクセス数を分析して、サイトの訪問者数が多いことがわかればお金をかけてリニューアルすると良い結果になりますが、そもそも閲覧されていないサイトは、まず閲覧されるための工夫が必要になってきます。

またページ単位で読まれている、読まれていないがわかるので、今回のように「必要なページを作成する」「不要なページは作らない」などを検討することもできます。

弊社ではアクセス解析ツールの設置や使い方なども支援しておりますので、興味がありましたらこちらからお問い合わせくださいませ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる