MENU

リスティング広告とは?これから始めたい人のための基礎知識まとめ

2020 3/06
リスティング広告とは?これから始めたい人のための基礎知識まとめ

こんにちは。なつかです。

今回は、web広告の中でも定番のリスティング広告について詳しくまとめました。web広告の初心者にとって、リスティング広告はとても取り組みやすい手法です。

まずは、リスティング広告の特徴から解説します。

目次

リスティング広告の特徴や始め方

リスティング広告は「検索連動型広告」とも呼ばれており、検索結果と連動して表示される広告です。

なにか調べ物をするときに、GoogleやYahoo!の検索画面から知りたいキーワードを入力しますよね。その検索結果に一番最初に表示されているテキストリンクには「広告」と表記がついています。

リスティング広告
リスティング広告

この「広告」と表記されているリンクがリスティング広告です。普段から、インターネットで検索をしている人にとっては馴染みのある広告ですよね。

リスティング広告は個人でも法人でも自由に出稿ができて、お金を払うことで検索の上位に表示ができます。

リスティング広告の特徴

リスティング広告は

  • 検索連動型のため、商品に興味がある層にアプローチできる
  • 広告費を払えば手軽に始められて、誰でも広告を出せる
  • 出稿する媒体は基本的に「Google」か「Yahoo!」
  • 検索結果に表示された広告がクリックされるごとに広告費がかかる

といった特徴があります。

リスティング広告は検索結果に表示される広告です。好きなキーワードを選んで検索結果画面に広告表示ができるため

  • 商品に興味を持ってもらえそうなユーザー
  • 商品を購入してくれそうな見込み客

に、直接アプローチができます。

例えば、格安SIMを売りたくてリスティング広告を検討しているとします。「格安SIM おすすめ」「格安SIM 比較」といったキーワードで検索しているユーザーがいれば、その方たちは商品に興味を持ってくれそうですよね。「格安SIM おすすめ」の検索結果に広告を出せれば、商品を購入してくれそうなユーザーに直接リーチができます

リスティング広告の例

リスティング広告で表示させられるのは、テキストだけではなく

  • 電話番号
  • 住所や地図
  • サイト内リンク
  • 販売者評価

なども対応しています。情報を足したい場合は、それに合わせて必要なオプションを追加可能です。

出稿できる媒体は主に

  • Google
  • Yahoo!

のどちらか(及び両方)です。

  • PCからはYahoo!、スマートフォンからはGoogle
  • PC利用率が高い高年齢層はYahoo!、スマートフォン所持率が高い若年層はGoogle
リスティング広告の媒体

をよく使うという傾向が一般的にあります。ターゲットや管理画面の使いやすさなどに合わせて、出稿する媒体を試してみるのがおすすめです。

リスティング広告は、利用すると広告費が発生します。しかし出稿するだけではお金がかかりません。広告をクリックされるごとに、広告費がかかる仕組みになっています。

リスティング広告の費用

リスティング広告の始め方

いざリスティング広告を始めようとしても、何から手を付ければいいかわからないですよね。そこで、リスティング広告の始め方を簡単に紹介します。流れは以下の通りです。

  1. アカウントを開設する
  2. アカウントを設定して媒体に入稿する
  3. 予算を設定して審査を通過したら広告掲載

それぞれの手順を細かく解説していきますね。

①アカウントを開設する

まずは、GoogleあるいはYahoo!に媒体を開設しましょう。

Googleの場合、すでにGoogleアカウントを持っていれば、メールアドレスとパスワードだけで開設できます。Yahoo!では、Yahoo!ビジネスIDを取得して手続きを進めましょう。

Google広告へ進む

Yahoo広告へ進む

②アカウントを設定して媒体に入稿する

次はアカウントを設定します。リスティング広告のアカウントは、以下の要素から構成されています。

  • アカウント:アカウント開設で登録したメールアドレスやパスワード、お支払い情報
  • キャンペーン:広告の配信地域や配信スケジュール、キャンペーンの予算
  • 広告グループ:広告とキーワードのセット
  • 広告:検索結果に表示される広告
  • キーワード:どのキーワードの検索結果に表示するか

1つの商品に対して広告グループを複数用意することで、キーワードを変えたり、表示する広告を変えたりといろんな広告パターンを試せます

③予算を設定して審査を通過したら広告掲載

出稿するために広告予算を設定して、媒体の審査を受けます。広告予算では、キャンペーンに対して1日にどれくらいの広告費を消化するかを決めましょう。

予算を決めるときには

  • 商品を1点売るためにどれくらいお金をかけられるか
  • 1ヶ月の販売目標件数はどれくらいか

といったことを計算して、適切に算出しましょう。

その後、広告を入稿したら審査があります。

テキスト広告と遷移した先のサイトの内容がまったく違ったら、ユーザーは困ってしまいますよね。そのようなことを避けるためにGoogleもYahoo!も、それぞれの媒体が広告のガイドラインを定めています

例えば

  • テキスト広告とキーワードに関連性があるか
  • テキスト広告はガイドラインに沿っているか

といったことを審査されています。審査は、広告を出稿したらすぐに終わるわけではありません。

  • Googleは1営業日
  • Yahoo!は3営業日

上記程度の日数が、審査にかかっています。審査には時間がかかるため、それを考慮した上でスケジュールを設定しましょう。

そしてついに、リスティング広告が掲載されます。管理画面で確認すると、広告が表示された回数をチェックできます。

リスティング広告のメリットとは?

web広告の中でも身近で取り組みやすい広告がリスティング広告です。リスティング広告のメリットを2つご紹介します。

  1. 低予算から集客ができる
  2. データが取れて費用対効果がすぐに分かる

低予算から集客ができる

リスティング広告は、広告費を払えば出稿ができます

しかも広告をクリックされなければお金がかからないため、はじめから大きな予算を必要としません。低予算からリスティング広告を始められるので、個人でも出稿ができます。

さらに、広告を見せるターゲットをキーワードによって絞り込めます。つまり、より商品に興味を持ってもらえるターゲットに対してのリーチが可能。

商品と相性のいいユーザーに焦点を絞って広告を当てることで、効率的に集客ができるのがリスティング広告の魅力です。

データが取れて費用対効果がすぐに分かる

リスティング広告のメリット2つ目は、データが取れることです。そのため、費用対効果がどれくらいかもすぐに判別できます。

リスティング広告はデータが取れる

オンラインで掲載しているリスティング広告は

  • どれくらい広告が表示されたか
  • どれくらい広告がクリックされたか
  • 広告から流入したユーザーのうち何人が商品を購入したか

というデータをしっかりと数値化してくれます。その結果、いろんな広告のパターンを試して費用対効果の検証が可能です。

もし、あまり効果が良くない広告があってもすぐに停止ができますし、逆に新しい広告はボタンクリックだけですぐに試せます。自分で様々なテキストやオプションを試していけるため、より広告の最適化を図れます。

リスティング広告のデメリット

リスティング広告には、メリットがあればデメリットもあります。3つのデメリットについて、詳しく解説します。

  1. 広告費がかかる
  2. 設定に手間がかかる
  3. 広く認知させるのは難しい

広告費がかかる

リスティング広告への出稿は、無料ではありません。検索結果に表示された広告がクリックされると、広告費が発生します。「1クリックにつき、いくら」と、その時そのときによって発生する広告費が違います。

ものによっては、1クリックだけで数千円の広告費が発生してしまうキーワードもあるため注意が必要です。

「気づいたら無駄に広告費を消化してしまっていた」ということにならないためにも、設定する予算をちゃんと計算してから決めましょう。

設定に手間がかかる

リスティング広告の設定は、初めてやる方にとって少し難しいかもしれません。

設定しなければならない項目は

  • アカウント:アカウント開設で登録したメールアドレスやパスワード、お支払い情報
  • キャンペーン:広告の配信地域や配信スケジュール、キャンペーンの予算
  • 広告グループ:広告とキーワードのセット
  • 広告:検索結果に表示される広告
  • キーワード:どのキーワードの検索結果に表示するか

と、複数用意されています。これらの設定を済ませた上で、商品購入までの費用対効果が悪ければ改善をしていく必要があります。

慣れるまでは、時間がかかるということを念頭に入れておきましょう。

広く認知させるのは難しい

リスティング広告は検索連動型広告のため、検索をするユーザーにしかリーチできません。そのため、まだ商品を知らないユーザーに広告を見てもらうことはとても難しいです。

  • そもそも商品を知っている人が少ない
  • 商品に関連する業界のユーザー層が少ない

といった場合には、検索する回数もあまり多くはありません。

検索をされないと表示されないリスティング広告は、商品を広く認知させることと相性があまりよくないです。認知を広げるためには別の施策を考える方がおすすめです。

まとめ

リスティング広告について解説しました。

検索連動型とも呼ばれているリスティング広告。web広告といっても、何からやっていけばいいかわからないという方こそ、最初に試していただきたい広告です。

  • 検索と連動しているため、商品に興味のあるユーザーにアプローチができる
  • クリックごとに広告費が発生し、低予算からはじめられる
  • データ収集ができるので、広告の効果測定がしやすい

これらの特徴を活かして、リスティング広告を試してみてくださいね。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる