【初心者向け】個人通販サイトを作る方法!おすすめサービス3選も!

「個人通販サイトを作りたいけど、どうやって作ればいい?」

「面倒なのは嫌だから簡単につくれるサービスを使いたい」

「おすすめのサービスとかあれば知りたいな!」

近年、個人でも簡単に通販サイトを開設できるようになってきており、ネットで商品を販売したい!と考える人が増加しています。

記事を読んでいるあなたも、おそらく自分で通販サイトを作って商品を販売したいと考えている方がほとんどなのではないでしょうか。

ただ実際に「自分で通販サイトを手段はある」と知ってはいても、何を使って開設したらいいのか分からない方は多いですよね。

そこで今回の記事では、個人で通販サイトを制作する方法・作る際におすすめのサービスについて具体的に解説していきます。

読み終えれば、実際に通販サイトを作る方法について分かるので、ぜひ実際に作る際の参考にしてみてください。

目次

初心者が簡単に通販サイトを作る3つの方法

初心者が通販サイトを作る方法は、大きく分けて3つ。

  1. ECモール(Amazon・楽天)
  2. ASP
  3. WordPressのプラグイン

自分で1からサイトを構築する方法などもありますが、相当な技術力がない限り、構築は難しいので今回は紹介する3つから除いています。

どの方法でも通販サイトを作ることができるので、まずは色々な方法があるということを知っておきましょう。

ECモール(Amazon・楽天)

ECモールは「Amazon」「楽天」などの大型ECモールに、出店する形で商品を販売する方法です。

出店する場合は、各ECモールに出店者として登録をして、商品ページを制作するだけで簡単に商品の販売を開始できます。

ECモールで商品を販売する場合は、そもそもモール自体に集客力が備わっているため、モール内で商品を目立たせれば商品を販売しやすいというメリットも。

ただ一方で、手数料が割高になってしまうケースもあるため、出店する際は注意が必要です。

ASP

ASP(=Application Service Provider)とは、Web上でアプリケーションサービスを運営している業者の総称。

つまりWeb上で完結するアプリケーションのことで、特に知識がなくても運用しやすいことから、1番多く利用されている通販サイトの開設方法です。

  • BASE
  • minne(ミンネ)
  • Stores

など多くのサービスが利用されており、かなり一般的に使われているサービスが多いですよね。

WordPressのプラグイン

意外に知られていない方法としては、 WordPressでサイトを制作して、プラグインでECカートの機能を付帯させる方法があります。

プラグインを設定するだけで簡単にEC機能をつけられるので、利便性の高さという面で魅力的。

また価格もECモールに出店する場合と比較するとかなり安価に抑えられるので、価格面でもお得度は高いです。

ただWebサイト制作に関する知識が全くないユーザーにとっては、多少技術力が必要になってしまうというデメリットも。

Webサイト制作に関して少しでも知識があるなら、プラグインで購入してみる方法を考えてみるのもおすすめです。

Webサイトの知識がない初心者なら「ASP」で制作するのが1番おすすめ

もしWebサイト制作の知識がなく、本当に簡単に通販サイトを作りたいのであれば、ASPを使って制作するのが最もおすすめです。

ASPはWeb上でECサイトの作成〜運用まで行うことができて、難しいサイト制作の知識も必要ありません。

また制作・運用のコストも、他の手法に比べて安く抑えられるため、とても魅力的です。

特別な理由がない限り、初心者の方はASPを使って個人通販サイトを作ることをおすすめします。

ASPで通販サイトを作るメリット

ASPで通販サイトを制作するメリットは2つです。

  1. 初心者でも簡単にお洒落な通販サイトが作れる
  2. 低予算で通販サイトが作れる

初心者にとっては手軽さ・安さが非常に重要になるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

初心者でも簡単にお洒落な通販サイトが作れる

ASPを利用すれば、初心者の方でも複数のデザインテンプレートから1つテンプレを選ぶだけで、簡単にお洒落な通販サイトを作ることができます。

デザインなどの知識がない方がサイトを作ってしまうと、なかなか思うようにデザインがまとまらなかったりすることも多いもの。

特にECモールなどのように、自分で商品ページを作らなければならない場合、商品の売上率にも影響を及ぼしてしまうこともあるでしょう。

ASPなら自分で細部を変更しなくても、簡単にお洒落な通販サイトが制作できるため、簡単にまとまったサイトを作りたいならおすすめです。

低予算で通販サイトが作れる

ASPを利用するもう1つのメリットは、非常に低予算で通販サイトが作れてしまうという点です。

もちろんAmazonや楽天などのECモールを利用しても、商品を販売できますが、出店手数料・売買手数料がかさんでしまうというデメリットがあります。

Amazon楽天市場
料金・月額4,900円+販売手数料8~15%・月額19,500円+システム利用料3.5~7%

平均すると、月に1~2万円以上かかってしまうことになるため、少しずつ販売を開始したい方にとっては痛い出費になってしまいますよね。

一方でASPを利用する場合は、月々の料金をそれほどかけなくても、安価に通販サイトを作成することができます。

BASEStoresShopify
料金決済手数料3.6%+サービス利用料3%月額1,980円+決済手数料3.6%月額29ドル(約3,000円)

こうして考えると、ECモールよりもかなり安価にショップを運営できることが分かりますよね。

低予算で通販サイトを作るという意味でもASPは非常におすすめです。

ASPで通販サイトを作るデメリット

初心者の方にASPはおすすめですが、通販サイトを作るのが必ずしも万人におすすめできるという訳でもありません。

ASPは確かに初心者でも利用しやすいという特性はありますが、それゆえのデメリットも存在することは覚えておくべきでしょう。

カスタマイズの柔軟性には欠ける

ASPの場合は、通販サイトのカスタマイズを行う際の、柔軟性に欠けてしまうというデメリットがあります。

初心者でも簡単にデザインを決められるように、何種類かのテンプレートの中から好きなものを選ぶことが可能。

しかしテンプレート以外に、細かくデザインを変更することはできません。

デザインにこだわって、細かい部分を自分の好きなように変更したいという方にとっては、使い勝手が良いと感じない可能性もあるのです。

細部までこだわりたい方にとっては、ASPはあまり向いていないかもしれません。

利用する上で手数料を大きく取られることもある

ASPは月額の料金が無料だったり、安価に抑えられているものがほとんどです。

しかし利用料や手数料は少なからずかかっているため、大きく手数料を取られて、結果的に利益率が下がってしまうことは少なくありません。

月額の料金が高くても、販売手数料などがなければ、売上が上がった時の利益率は高くなります。

手数料を大きく取られて、結果的に利益が下がってしまう可能性もあるため、注意が必要です。

個人通販サイトを簡単に作れる!おすすめASPサービス3選!

個人通販サイトを作りたい方は、どのASPサービスが1番いいのかが気になるポイントですよね。

ここでは個人通販サイトを作る際のおすすめのASPサービスは3つについて紹介しています。

StoresBASEShopify
月額料金無料 / 1,980円無料29$(約3,000円)
利用料無料プラン 5%有料プラン 3.6%6.6%(決済手数料3.6%+サービス利用料3%)3.25%~3.9%
SEO対策×
デザインテンプレートの数
支払い方法
多言語対応英語英語19ヶ国語

それぞれのサービスが、どんな人におすすめなのかについて、具体的に解説しているため、特徴によって好みのASPを選んでみてください。

Stores :手数料を最適化して運営したいなら!

Storesは3つの中で最も手数料が安いため、とにかくリーズナブルに個人の通販サイトを開設したい方におすすめです。

他の2つのサービスと大きく異なるのは、月額料金が無料か有料から選べるという点。

BASEは月額料金こそ完全無料ですが、手数料が合計で6.6%もかかってしまうため、利益率はかなり下がってしまうことが予想されます。

またShopifyはベースの月額利用料が3,000円と決まっているので、売上があがっていてもいなくても、お金を支払う必要があるのです。

その点Storesは安くしようと思えば月額料金無料+販売手数料5%と比較的に安価に利用することができます。

また売上が上がってきたら、今度は月額料金1,980円+3.6%の価格にしておけば、かなり安価に料金を抑えることができるはず。

とにかく手数料を最適化して運営したいのであれば、Storesで始めてみるといいでしょう。

BASE :とにかく簡単にショップを開設したいなら!

BASEの特徴は「月額料金が完全無料」であることと「デザインテンプレートが100種類以上ある」の2点です。

月額料金が無料であるメリットは、まだ本格的に商品を販売する予定のない方でも、固定費をかけずにショップを開設できるということ。

またデザインテンプレートが豊富にある分、どんなお店の種類であっても、問題なくお洒落なデザインのサイトを作成することができます。

Storesもテンプレートは48種類ありますが数では及びません。またShopifyはテンプレートは75種類ありますが、設定が若干面倒です。

もし簡単にショップを開設したいと考えているのであれば、とにかくまずはBASEから始めてみるようにしましょう。

Shopify :高い機能性を重視するなら!

あなたが開設したい個人通販サイトで、高い機能性を重視するなら間違いなくShopifyがおすすめ。

Shopifyは月々のコストこそ高いものの、サイトのカスタマイズ性に非常に長けています。

また支払い方法も多数決済サービスに対応しており、言語も19カ国もの言語に対応しているため、他の2つより圧倒的に多様性があります。

海外へのショップ展開も考えているのであれば、多言語対応は必須のはず。

デザイン面でも機能面でも、カスタマイズ性に優れていて、独自性のある個人通販サイトにしたいならShopifyでサイトを作ってみると良いでしょう。

通販サイトを作るならまずは好みのASPを見つけよう!

今や誰でもモノが簡単に売れるような時代になっており、個人でも上手く販売できれば、圧倒的な売上を上げることも不可能ではありません。

自分で商品の制作まで行っている方ならなおさら良い通販サイトにして、商品を販売したいですよね。

記事の中でも紹介したように、ASPならテンプレートを選ぶだけで誰でも簡単に通販ショップが作れるのでおすすめです。

上手にASPを使って、自分が納得いく個人通販サイトを制作してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる